トップ / 駐車場での縁石のメリット

駐車場危険

駐車場にする場合の縁石の扱い 

私有地を駐車場にする場合には、自動車が出し入れしやすいように段差を極力なくす方が利用者にとっては有り難いものです。最近は車高の低い車も多く、また縁石などがあると車を傷めたりすることもあるため、利用してくれる人が少なくなることも考えられます。しかし、段差をなくすために市販のスロープなどを道路にはみ出して取り付けることは禁止されていますので注意が必要です。その為、駐車場にする場合にはその敷地の中の出入り口の縁石を取り払い、道路の高さに合わせてスロープを作り、敷地の一部を利用することが必要になります。その為のスペースを確保する必要があるのです。

縁石のおかげで駐車しやすい 

車社会の日本では至る所に駐車場を見かけます、そして駐車自体が苦手だという人も意外とたくさん居ます。しかし車に乗っている以上は駐車せざるを得ません。最近は親切な事にコンビニやスーパーマーケットの駐車場では縁石のブロックで車輪止めが作ってあり、そこにタイヤを若干当てる事によって比較的きれいに駐車できますが。車高を落としている車の場合その縁石ブロックにバンパーや後ろのエアロパーツ等をこすったりぶつけたりする事があるので、車をかっこよくするのはいいですが少々注意が必要といえます。そしてごくたまにそのブロックの存在に気づかずに乗り上げる人も居るようですので、それも注意が必要かと思います。

© Copyright 駐車場のトラブルに関して. All rights reserved.